顎のドクターへ

昨日夜10時までデパートでのバイトでは

今日と明日のセールへの準備で4時間ほど、歩きっぱなし。

くったくただったけれど、神経が高ぶっていたのか

まだ時差ボケもあるのか、ようやく眠りに入ったのが朝の1時すぎ。

普段はフレックス制度の会社へは8時半に出勤しているので

朝8時過ぎにうちを出ても余裕。

でも、今日は8時に矯正歯科の予約がしてあったので

いつもより早く起きなければならなかった ε=( ̄。 ̄;)

早起きは私の苦手なもののひとつ。

たった30分だけなのに、どうしてこんなに辛いの。

もっと年をとれば、朝型に変われるのかしら。




さて、矯正歯科へ行ったのは、以前にも書いているが

歯の矯正のためでなく、顎関節症のチェックアップ。

スプリントをつけたり、PT(理学療法士)のところへ通ったが

持病の乾癬性関節炎のせいで、顎関節が炎症を起こしてしまい

完治せず、今でも口があまり開かないまま。

ただ痛みはほぼなくなり、大抵のものは食べられるので

とりあえず、6ヶ月から1年に1回チェックアップに通っている。




さて、ドクターと世間話を一通りした後、診察開始。

ドクターは女性で、顎関節症専門の矯正歯科医。

彼女自身も顎関節症に若い頃苦しみ、手術を2回受けた経験があり

患者の痛みをよくわかってくれる。

診察を始め、ドクターがちょっと顎というか耳の下の辺りを触り

顔をしかめた。

あらー、ずいぶん筋肉が硬いわねー。

そして、口が以前より開かなくなってるんじゃない?と続けた。

別に自分では悪くなったようには思わないけど。

そして、ドクターは、はい、じゃあ、口を大きく開けてー、と言い

上の歯と下の歯の間隔を測った。




結果は2.4センチ(そう、本当にそれしか口が開かないの)。

以前が2.5センチだから、あまり変わっていなかった。

ねえ、前も聞いたけど、手術を受ける気はないの?

あなたの顎の状態は良くないから、受けることを勧めるけど。

と、ドクターが聞いた。

手術、受けたいとは思うけど、以前口腔外科医に

手術を受けて、完治する確率は50%かな、と言われたのと

やはり、医療保険でカバーされるとはいえ

自己負担もかなりの額になるので(アメリカの医療費はねー)

二の足を踏んでいる。




ドクターは、まあちょっと考えてみてね、と言った後

とりあえず、顎の筋肉があまりにもこり固まっているから

筋弛緩薬を処方するわね、と処方箋をくれた。

ストレスもたまってるようだから、これ飲んだらよく眠れるわよ

と、にっこりするドクター(°∇^*)

ま、確かに自分で出来る顎のマッサージもさぼってるのよねー。

今日は、その薬をさっき飲んだし、でーーーっと寝ちゃおうっと。

では、おやすみなさーい。



読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。

     
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
Related Entries

Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.