英語の原書を読む

アメリカに来てからしばらくの間、私は日系の食料店や

そこに入っている日系の書店の存在も知らなかった。

なので、日本へ里帰りする度に、小さなダンボール一箱ほどに

本や雑誌を詰め込み、アメリカへ持ち帰り

大事に大事に読んでいた。

私は重度の読書好きなのだ。



私は、今は時間的に余裕がないのだけれど

基本的に、読み出したら止まらないタイプ。

いくらセーブして読んでも、1、2ヶ月すると

ダンボール一箱といえど読み尽きてしまう。

そこで、読み終えてしまうと、気に入った本を何度も何度も読む。

中には、読むたびに印象の変わる本もあり

いまだに何年も前に買った本を引っ張り出してきて読むこともしょっちゅう。



そのうちに日本人の友人もできはじめ

日系の書店の存在も知るのだが、何せアメリカで買う

日本の本は高い!!

為替レートにもよるのだけれど、もともと送料や手数料で高い。

定価の2倍したりする。

こうなると、アメリカの書店での買いだめなどと問題外。

当時、シングルマザーだった私は、価格を見て

目が飛び出てて、そのままお店も飛び出た(笑)



当時(今もだけど)の私のお気に入りの著者は

パトリシア・コーンウェル。

検視官(Postmortem)でデビューした作家。

彼女の描く検視官のスカーペッタ・シリーズの翻訳本は

全部日本で買っていた。

そして、ある日、日系の書店へ友達に連れて行ってもらい

彼女の新刊(文庫本)が出ているのを見て

一瞬胸がときめいたが、何せ文庫本でも高い。

まあ500円程度のものが10ドルとか、その位だったと思うが

日本では、500円で買えるのに、と思うと

ちょっと手が出なかった。



帰ってから、ああ、やっぱり買っておけばよかった、と後悔したが

シカゴの店まで、ひとりでは運転できない

(今は何とかできるが、高速の運転がとくかく苦手だった)。

はあーー、とためいきをついたが、あ、と閃いた(大げさ)。

パトリシア・コーンウェルってどこの作家だっけ?アメリカ?イギリス?

アメリカが舞台なので、きっとアメリカ。

そこで、アメリカの書店へ言ってみると、あった、あった。

せっかくアメリカに住んでいて、アメリカの著者の原書が手に入るんだから

翻訳されていない、彼女が書いたままのものを読めばいいんじゃん!

と早速1冊買った。

家に帰り、ウキウキして読み始めたが、主役の検視官である

このスカーペッタは、弁護士であり医者でもあるので

そういった専門用語がバシバシ出てきて、なかなか読み進めやしない。

それでも、絶対この一冊読んでやる、と心に決めた。



そこで、小さい頃からの本の読み方をすることにした。

その読み方というのは、小学校の頃から本の虫だった私だけれど

ちょっと高学年向けの本になると、知らない漢字がいっぱい出てくる。

そうすると、すぐに辞書は引かず、文章の漢字や前後の単語などから

読み方や意味をじっくり考える。

大抵は、あ、あれだな、と思いつくのだが

そうではない場合のみ、辞書を引く。

この方法を、英語の本を読むのに使った。

知らない単語が出てきても、とりあえず読み、意味を想像する。

まあ、法律用語や医学用語なんて、ちんぷんかんぷんなので

実際、辞書は手放せなかったけど(笑)



しばらくたってアメリカの州立大学に通うようになり

どっぷり英語漬けの毎日になった。

もちろん教科書にも知らない単語は出てくる。

出てくるけれど、急いでいない限り辞書はなるべく使わず

この単語の意味は何だろう、を繰り返した。

これを4年間やったわけ。

その結果、大抵のものは辞書なしに読めるようになった。

30歳過ぎだって人間は成長し、学ぶのね (笑)

以来、コーンウェルの本をはじめ、アメリカ人著者の本はすべて原書。

もちろん、わからない単語もあるけれど

最近は、わからなくても大体意味がわかればいいか

と、大ざっぱに読んでしまうことが多い。

そして、そうか、別に日本語で書いてなくてもいいんじゃん、と悟ってからは

こちらの図書館で借りることも多くなり、本代もあまりかからなくなった。

最近ではNew York Timeのベストセラーの方が

アマゾンをチェックするより多くなったかもしれないなー。

でも、やっぱり村上春樹の英訳本は読む気になれません(笑)




読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
Related Entries

Comments

こんにちは!

先日名無しでコメントさせていただいたものです。(後で書こうと思っているうちに忘れてそのまま送信してしまいました。失礼しました)

今日のブログの内容、私も本好きなので共感しました。
私は関西に住んでいるのですが、同じような理由から英語で書かれた本を取り寄せて読んでみようとしたことがあります。結局英語を読むことに頭がなれていないので、いやになり、その本はあれ以来読んでいません。。。

今日のブログを読んでもう一度トライしてみようかな?と思いました。

ところで、「青空文庫」ってご存知ですか?
日本の名作がただでネット上で読めるんです。
作者没後50年の作品しか載せられないのでちょっと古い作品ばかりですが、芥川龍之介でも「へ~そんな話もあったんだ。」というような面白い短編もあったりして、暇なときに私も読んだりしています。

どうしても何か日本語の本が読みたくなったら、一度覗いてみてください。

面白い作品に会えるかもしれませんよ。^v^

(おすすめは新美南吉。春吉くんがでてくる話が私は結構好きです)

  • 2014/06/28 (Sat) 00:41
  • けろちゃん #-
  • URL
Re: けろちゃんさん

コメントありがとうございます!時差ボケの件でコメントされた方ですね!
やっぱり最初は時間かかりますよね。私も一冊読むのに何週間(何日じゃないですよ)かかったか。。。
是非、挑戦してみてください!
青空文庫のことは聞いたことがあるのですが、インターネットで読むのですか?アプリが必要とか?ちょっと調べてみますね。
私も新美南吉好きです。特にごんぎつね。日本で短大生だったときに、講義の宿題?で全部暗証しなければならなくて、これを選びました。まあ、大変だったこと。舞台役者さんとか、すごいなあと思った記憶があります。

  • 2014/06/28 (Sat) 18:16
  • かよ☆かあちゃん #-
  • URL

こんにちは。そうです、時差ボケのときに初めてコメントさせていただいたものです。いつも楽しくブログ拝見しています。

ごんぎつねを暗唱するってすごいですね。。シンプルな話とおもいきや、結構長い話ですよね。全部暗唱。。。。お疲れ様でした。。。すごい。

ところで、「青空文庫」はアプリもなにもいりません。(パソコン音痴の私でも簡単に読めます)

青空文庫と検索すると、もうそのサイトに行きます。日本ではここに掲載されている話をそのまま印刷して100円均一ショップで短編を販売したりしているところもあるようです。

新美南吉さんの話の中で、「がちょうのたんじょうび」はちょっと不意をつかれた感じ。「牛をつないだ椿の木」はなんだか和みます。今になって、こんな作品もあったんだ、と初めて知る話を喜んでよんでいます。


  • 2014/06/28 (Sat) 22:37
  • けろちゃん #-
  • URL
Re: けろちゃんさん

早速、青空文庫のサイトに行ってみました。そして思わずごん狐を読んでしまった私。
情報ありがとうございました!

  • 2014/06/29 (Sun) 19:16
  • かよ☆かあちゃん #-
  • URL

Post a comment


Only the blog author may view the comment.