買い物友達

バイト先のデパートは、やはりリテールということで

Turnover Rate(離職率?)が高い。

私の売り場では大体10人ほどのスタッフがいるのだが

その私が勤め始めて1年弱の間に何人も辞め

その代わりが入った。

私より後に勤め始め、既に辞めてしまっている人も何人もいる。

中には、1週間勤めて辞めちゃった大学生の女の子も。



その辞めてしまった人の中で、今でも仲良くしているのがディアナ。

彼女は、私のようにフルタイムの仕事をしていて

ある工場の倉庫でスーパーバイザーの仕事をしているのだが

時間の遅いシフトに変わったのと

土曜日曜の出勤もあったりするので

バイトを続けられなくなってしまった。



彼女は頑張り屋で一家の大黒柱として

以前は2つの仕事をしながら、オンラインの大学に通い

今年の春に晴れて卒業。

現在は、ロースクール(法律の大学院)に入るべく

足りない大学の単位を取るために続けて大学に通っている。



少しでも節約するために、車は一家に一台だったのだが

旦那さんが、運悪く事故に逢ってしまい車はおじゃん。

アメリカで車がないのは致命傷。

ニューヨークやシカゴのように地下鉄や電車があれば

車がなくても問題はないが、私の住む地域では本当に大変。

バスもあることはあるが、市内だけの経路しかない。

彼女は隣町まで通っているので、そういったバスは出ていない。

とりあえず、近所に同僚が住んでいるということで

その人の車に乗せていってもらっているらしい。



あと困るのが買い物。

近くにバス停もなく、ちょっと歩けばスーパーやコンビニが

あるような環境ではなくて

一番近くのスーパーまで歩くと20分は優にかかる。

それも歩道のないハイウェイ(幹線道路かな)なので危ない。

それでも家族総出で1週間に一度買い物に行っていたらしい。



それを聞いて、うわ、大変、と思った私。

(日本では20分歩くのは普通かも知れないけど

何せアメリカではどこに行くのも車だから。

一回に買う量も半端ないし 笑)

じゃあ、週末に私がスーパーに行くときに連れてってあげる

と申し出たのが2ヶ月位前。

それ以来1週間か2週間に一度一緒にショッピングに行っている。



これが結構楽しい。

ディアナとは気が合うし、彼女はとにかく楽しい人。

知り合って1年位だが、とにかく何でも言える。

今日も、ぴっちぴちのジーンズを履いていたので

ねえ、何でそんなジーンズ履いてるの?きっつくない?

と言うと(失礼でしょ、私)

そりゃキツイわよー。履くのにまず30分はかかるわね!

でも、I look good in these!(私これ似合うでしょ!)

とガハハハと大笑い。

あと、彼女が黒人だからかも知れないけれど

買い物する食料品のチョイスが私のものと全く違うのも面白い。

ステレオタイプっぽいけれど

やっぱりグリーン(ケールなどの葉っぱもの)の缶詰や

チキン・ウィング、ポークにバーべキューソースとか買っているし。

そんな彼女が買っているものから夕食のヒントをもらうこともある。



今日もディアナとお買い物。

二人で冗談を言い合い、がははは、と大笑いして

ストレス発散して帰ってきた。

誰かの役に立ってるのも嬉しい。

さ、明日は月曜日。

また一週間頑張りましょうねー。




読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
Related Entries

Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.