ハロウィーン・キャンディの行方

遅ればせながらハロウィーンの話題。

今年のハロウィーン当日は、デパートでのバイトが入っていたので

キャンディー配りにも参加できず

子供たちの仮装姿を見て楽しむこともできなかった。

仮装した子供たちを何人か、親に連れられショッピングしているのを

見たけれど。



息子はといえば、トリック・オア・トリートに行くと言っていたのに

やっぱり、行くのよす、と前日に言い出した。

寒い日になりそうだったので、やっと風邪が治ったものの

まだ咳が少し残っている息子を、外に出すのもな、と思い

キャンセルとなった。

それでも、友人のくーみーからキャンディ一袋頂いて

ホクホクしていた彼。

良かったね、少しハロウィーンを味わえて。



しかし、子供たちは(親も 笑)、本当にハロウィーンが大好き。

やっぱ、堂々とコスプレできるものね!(え、ちょっと違う?)

私の友人の娘さんは、もう高校生のシニアなのに

いまだにハロウィーン・ラブで

今年も仮装して、トリック・オア・トリートに行ったという。

でも、これは、ちょっと例外かな。

あまりにも大きい子たちは

ねえ、あなたたち、トリック・オア・トリートをするには

ちょっと大きすぎない?という目で見られることを覚悟したほうがいい。



そして、もちろん、キャンディ!

玄関の灯りが、ハロウィーンのキャンディ配りに参加していますよ

というしるしなのだが、その灯りを見つけては

次はあの家に行くよ!とテンションが高い。

ほとんどの子は、礼儀正しく、ありがとう、と言える。



その集まったキャンディだが、大抵は親が管理していると思う。

どこかに隠して、小出しにしたり。

親も食べたり(笑)

で、今日、面白いビデオを発見。

Jimmy Kimmel(ジミー・キメル)がホストしているショーで

ジミーが視聴者に呼びかけ、集まったものを編集したもの。

内容は、親が、「夕べ集めたキャンディ、全部食べちゃった」

と子供に伝えたら、どのような反応をするか、というもの。

子供たちがいかに、キャンディに命をかけているか(大げさ)が

わかる!

もちろん、そっか、いいよ、という子供もいて可愛い。

ぷぷぷ、と笑えます。





読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
Related Entries

Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.