友人のコンサートへ



ヴェテランズ・デーの今日

友人の出演するコンサートへ行って来た。

昨日、彼女から明日コンサートがあるけど、来る?

とテキストが来て

ラッキーにもバイトも入ってないので、二つ返事。



彼女はピアニストで、教師でもあり

近隣の2つの大学でピアノを教えていて

そのうちのひとつの大学でコンサートが行われた。

やはりその大学でオーボエを教えている女性との共演。

主に音楽専攻の生徒達向けなのか無料。

ラッキー!(笑)

(って、太っ腹な彼女からは、よくチケットを頂くのだけれど)

20141111ajpg.jpg

↓こちらが演目。

20141111cjpg.jpg


彼女はバッハ、ドビュッシー、そしてショパンをソロで

プーランクとアリサ・モリスという若い作曲家のものをデュオで演奏。




あ~、やっぱり私はショパンが一番好き。

ロマンチックで華があって感情的、でも繊細で。

なんか揺さぶられる。

職場でも時々ショパンを聴きながら働いている。

パソコンの手を休めて聴き入っちゃうこともあるけど(笑)

20141111bjpg.jpg

友人のピアノも好き。

彼女の手は小さいけれど、とてもパワフル。

それでいて、まろやかなのよね。

やっぱり彼女の優しい性格が出るのかな。



ところで、今日オーボエを吹いた先生は彼女の友人と

その友人が作曲したというデュオを演奏したのだが

これが、さっぱりわからなかった。

前衛的とかモダンとかいうやつだろうか。

不協和音がふんだんに使われてて

静かなパートからいきなり、高音の和音へ飛んだり

世界に怒りでもあるのかしら、と思ってしまったけれど

芸術は不思議。

私の頭が堅いだけかも。



今日は友人のピアノが聞けたし良い日だったな。

ふみさんに感謝、感謝!

明日は、待ちに待った新しい生物学的製剤の注射を受ける日。

ちょっとナーバス。

でも、ワクワク。

寛解への一歩になりますように!





読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
Related Entries

Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.