ステラーラ記念日

乾癬と乾癬性関節症の治療薬のメソトレキセートの服用が

白血球数の低下で中止となり約3週間。

メソトレキセートも体内にはもう残っていないはず。

乾癬の患部はあまり拡がっていないが、かゆみが増し

首が痛み始め、それに伴い頭痛が常にあり

足の裏にある関節の痛みがなかなか引かない。

でも、もしかしたら、最近コーヒーを飲んでいるからかも(笑)



今回新しく試すことになった薬は生物学的製剤のステラーラで

220141112a.jpg

この薬を購入するための面倒くさい手続きもすべて済み

私の主治医の乾癬の専門家のトレイシーのもとへは

ステラーラ(注射薬)が既に製薬会社から配達済みで

今日、打ってもらいに行って来た。



そのクリニックへは、私の勤務先から

途中高速を使い30分から40分ほどかかる。

ちょっとギリギリに職場を出たので、あせって飛ばして

あ~、間に合った、と思ったら

私の前に夫婦の患者さんがいて、結局1時間ほど待つことに。

もうちょっと仕事を終わらせてからでも間に合ったかも。

日本の病院の中には、混み具合により、予想診察時間が

メールで送ってくれるところもあるとか。

ナイス・アイデア。

こちらでも、ぜひ取り入れて欲しい。



そして、やっと診察の時間。

少し話した後、トレイシーに注射を打ってもらった。

220141112.jpg
ちょっと写真撮らせて!とお願いした(笑)



その間、約5分。

まあ、そんなもんか。

色々注意事項とか説明されると思っていたが

何故かスルー。

この注射については事前に色々調べているからいいんだけど。

注射は皮下注射で、お肉のついている所へ打つと

聞いていたので、お腹に打つのかな、と思ったら

左の二の腕だった。

普通の注射の痛み(笑)



とりあえず心配していた薬へのリアクションも出ず一安心。

これから快復していくのかどうか楽しみ。

トレイシーは、薬の効果は4週間後の2本目の注射後に

現れる患者が多い、と言っていた。

とりあえず、ビフォー・アフターのビフォーの写真は何枚か撮った。

1週間毎に撮ろうと思っている。

あと、日本のステラーラのウェブサイトで

ダウンロードのできる、 ステラーラ®乾癬治療ダイアリーを発見。

11-14-2014 12-13-05 AM



ちなみに、アメリカのウェブサイトではダイアリーはなく

症状をモニターするアプリの紹介があったが

使いにくそうなので、この日本のダイアリーを使おうと思う。

少しずつ良くなっていくといいな。

この薬も免疫を抑制するので、フルー・ショットは打ったし

この冬は手洗い、うがいに励みます。



最後に、アメリカでのステラーラのコマーシャル。

https://www.youtube.com/watch?v=kSC-crcB9Uw

何故かEmbedできなかったのでリンクのみ。




読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
Related Entries

Comments

薬の効果がありますように祈っていますね。
ひとつひとつステップを踏むと 上手に付き合える薬との出会いもできてくるのですね。

レポートありがとうございました。^^
免疫アップには笑いです笑い!!お互いに笑いで冬を乗り切りましょうね~♪

  • 2014/11/13 (Thu) 01:57
  • けろちゃん #-
  • URL

効果でてほしいですね!
効くと信じて日々を過ごしましょう。
もう寒いでしょうから、風邪などひかないようにしてくださいね。

  • 2014/11/13 (Thu) 04:08
  • yuyu #-
  • URL
Re: けろちゃんさん

ありがとうございます!
副作用が出ないで効き目ばっちり!になったらいいなあ。

そうですね、笑いを忘れちゃいけませんね!
免疫アップのためにも頑張ります。

  • 2014/11/13 (Thu) 23:23
  • かよ☆かあちゃん #-
  • URL
Re: yuyuさん

ポジティブ思考を心がけます。
私のNPの患者さんは、ほぼ全員良い結果が出ているそうです。私もその1人になりますように!
こっちはもう氷点下です。。。ちょっと鼻水が出てるので、気をつけまーす。
コメントありがとうございました!



> 効果でてほしいですね!
> 効くと信じて日々を過ごしましょう。
> もう寒いでしょうから、風邪などひかないようにしてくださいね。

  • 2014/11/13 (Thu) 23:26
  • かよ☆かあちゃん #-
  • URL

Post a comment


Only the blog author may view the comment.