え~、短大卒業できないかも?前編

昔、むかーし、私がまだ短大生だったころの話。



短大の後期試験もすべて終え

就職先も決まっていて

卒業式、謝恩会、そして友人のFみとの卒業旅行を控え

家でのんべんだらりとしていたある日

一通の知らせを受け取った。

それは、通っている短大からだった。



何だろう、と思い軽い気持ちで開けてみると

なんと!

追試のお知らせだった!

はっきりいって私は不良短大生で

試験前にしか勉強しないような

優秀とは言えない学生ではあった。

でも!でも!!

赤点ですか~~~!?

そんなもん、今まで取ったことないし!



え~、うそ~、本当~?(←当時よく言ったよね?同世代の方?)

とか言ってる場合ではなく

これは受けないと卒業できん、と腹をくくりかけて読み進めると

その追試の日は、卒業旅行の日程のど真ん中!

え~、どうするの~?

旅行先はシンガポール・マレーシアなのに~。

飛行機のチケットだって購入済。

一瞬、試験を無視して、旅行へ行ったら?と考えた。

そりゃ、もちろん、短大3年生に突入。

就職先へもお断りを入れ。。。

親に頭を下げて、もう1年通わせてもらう。

なーんて、もちろん却下、却下。



あまりのショックに頭は真っ白になるし

心臓もばくばく(笑)

そんな自分をようやく落ち着かせて、考えてみた。

(ふーむ、追試の科目は英語。

あの試験、楽勝と思いながら受けた記憶があるけど

実際は、赤点を取るほど悪かったのか?

そんなはずはないけどな~。

でも、そんなの的外れの自信で、実際ヤバかったのか!?)



そして、出した結果は、学生課へ問い合わせること。

自分では赤点を取ったとは信じられず

実際何点取ったのか、採点ミスということはなかったのか

聞いてみることにした(はい、失礼な学生です。でも、もう、必死 笑)。

すると、学生課の人は、そのクラスの教授に聞かないと

わかりません、教授に直接聞いてみてください、と仰る。

その後の記憶はあやふやなのだけれど

確か、電話番号を学生課からもらい

ドキドキしながら教授に電話をかけ、アポを取り

彼のオフィスへ訪ねていくことになった。

とりあえず会ってもらえることで、第一関門突破。

心の底からほ~っとした。



そして、そのアポの日。

教授のオフィスの様子はあまり覚えていなくて

何となく薄暗かったような記憶があるだけ。

教授は私の名前とアポの用件を聞くと

机の上に出してあったファイルを開け、ちらりと見た。

その間、私は

(いやいや、絶対赤点のわけがない!)という自信と

(あ~、本当に赤点だったら、どうする~)という心配のはざまで

大揺れ。



そして教授が口を開いた。


続きはまた次回~!




読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
Related Entries

Comments

うわわわ。
すごい体験しちゃってるんですね!!
今とはキャラ違う?
今のかよ☆かあちゃんさんは、真面目なタイプと感じますわ~~。

続きが気になるぅ~。
メッチャ気になる。

まあとにかく、20数年後、立派にアメリカで活躍してるんですからね。
安心して続きを待ちますわ~~~。

  • 2014/12/04 (Thu) 04:31
  • こぶりんぼ #MyJ0QW/M
  • URL

わ~気になる!!
続きを聞かせていただくのをお待ちしています!
それにしても行動力がありますね~!!頼もしい!!
自宅にまで電話をかけてきた学生ってそんなにいないと思うから、万が一危ない点数だったとしてもそれだけで、教授は合格にしてくれそうじゃないですか?

今アメリカでばりばりお仕事されているかよかあちゃんさんだから、
英語で赤点って、やっぱり間違いだったんですよね。うん、絶対そう!
^v^。 私も安心してお待ちしていま~す。

  • 2014/12/04 (Thu) 14:46
  • けろちゃん #-
  • URL
Re: こぶりんぼさん

いえいえ、今も昔も真面目は真面目ですが(自分で言う? 笑)
いー加減なところがあるんですわ~。だから詰めが甘いの。
でも、これはやばい!という直面にさしかかると、恥を捨てて突進します、はい。
きっと、こぶりんぼさんの方が、正統な真面目さんだと思います。

  • 2014/12/04 (Thu) 23:25
  • かよ☆かあちゃん #-
  • URL
Re: けろちゃんさん

実はどうやって教授にコンタクトを取ったのか、はっきり覚えてないんです~。
自宅に電話したような、オフィスに電話したような。
何となく、私からの電話にびっくりされていたのを覚えているので、自宅だったかも(汗)
甘ちゃんだったし、ガムシャラでしたね。。。
いやはや、本当にラッキーだったと思ってます。教授には大感謝です。

  • 2014/12/04 (Thu) 23:31
  • かよ☆かあちゃん #-
  • URL

Post a comment


Only the blog author may view the comment.