え~、短大卒業できないかも?後編

昨日の続きです。


卒業旅行を目の前にして、短大から追試の知らせが。

旅行はキャンセルか?

卒業できるのか?

本当に最後の英語の試験で赤点だったのか?

それを確かめるべく、英語の教授へ会うために

アポを取った私。



アポ当日、教授にオフィスにて。

私の名前を確認したあと、ファイルをチェックする教授。

ほんの5秒くらいだったのだが

時間が止まったかと思うほど長かった~。

そして、審判が下った。

ちらりと書類を見た教授は、にこりともせず

「あ~、君、赤点だね。

追試を受けるように」

え゛ーーーーーーー!と泣き崩れる私。

・・・・・というのは真っ赤な嘘です。嘘。

Just kidding.



実際は

「ちょっと待ってくださいね。

ええと、かよさんね。ああ、大丈夫ですよ。

試験通ってます」

「・・・え?ということは、追試を受けなくてもいいと

いうことですか?」

「そうですよ」


・・・・おおお、教授に後光が・・・・・

カチカチに固まっていた私は、大きな安堵のため息をついた。

そして、今日はお忙しいところを申し訳ありませんでした

と言って、オフィスを出た。

やっぱり~!私通ってたジャーーーん!

旅行に行けるー!

追試受けないで、卒業できるー!

と、ルンルンで帰路についた。



このことは、その後、自分の中では武勇伝として

記憶に刻まれたのだが、しばらくするとすっかり忘れてしまい

卒業後何年もたってから、ふと思い出した。

(私、本当に試験通ってたんだろうか。

もしかして、もしかして、教授に情けをかけてもらったのかも。

そいういえば、教授がファイルを見る様子とか

私への話しかけ方が、なんか演技してるっぽかった

(ような気がする)。

本当は、赤点だったのに、通ってますよ

って言ってくれたんだろうか)



さっき、武勇伝、と書いたけれど

実際は、もしかしたら、と心の奥底で思っていたんだと思う。

長い間誰にもこのことを話すことはなかったし。

今となっては、ミステリー。

教授の名前もすっかり忘れてしまった。



そうそう、この話をブログにを書こうと思った時に

ネットで同じような経験をした人がいるかどうか調べてみた。

すると、単位が足りず、卒業が危うい学生が、まず学生課に

そして教授にかけあう、というのはよくあることらしい。

ただ、成績が発表されてしまった後に

評価を変更してもらうということは、まれであるとも書いてあった。

学校側がミスをしたということを認めることは避けたいらしいとも。



これを読んで

ああ、私ったらなんてラッキーだったんだろう、と思う。

教授!

間違いを認めてくれて

OR

温情措置をしていただいて

本当に、本当に、ありがとうございました。

今は、赤点だったかもしれない英語を使って

アメリカで働いてますよ~。

ああ、この思いを直接伝えられないのが残念だなあ。

ちょっと恥ずかしい思い出でした。





読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
Related Entries

Comments

あ~良かったです♪
ドキドキはらはら、人生は玉手箱ですね。

このどきどきの後の卒業旅行はいい思い出がいっぱいでしょうね~。

  • 2014/12/04 (Thu) 23:34
  • けろちゃん #-
  • URL
Re: けろちゃんさん

わー、コメント早ッ!(笑)ありがとうございます!
卒業旅行は、当時私のピアノの恩師が住んでいたマレーシアと、そこからシンガポールへ電車で行きました。
友人と2人で行ったのですが、結構思いつくままの旅行で楽しかったです。
何せ、初めての海外旅行だったので、飛行機の長旅に緊張したのを覚えてます。揺れるたびにドキドキ。
あー、懐かしい!
けろちゃんさんは、学生の頃のドキドキはらはらってありましたか~?

  • 2014/12/04 (Thu) 23:44
  • かよ☆かあちゃん #-
  • URL

前編をハラハラしながら読んで、今後編を読ませてもらいました。
Just kidding~出だしは冗談だったのね、ほっとしたわ~でも不思議なものですね。今アメリカで英語で生活してるなんて。
短大は何科だったのですか?私も短大卒です。国文科でした。英語が苦手だったので…でも何故か自分はいつか英語を話せるようになるんだと、根拠もなく思ってました。
遅くなったけど、2年前から英語を勉強中です。独学で始めて今はスクールにも通っています。日本語禁止でアメリカンの先生方に教えてもらってるんです。
あー昔もっと真面目に勉強しとけばよかったなぁ。
ちなみに私は、かよかあちゃんさんより年上です☆

  • 2014/12/05 (Fri) 07:09
  • yuyu #-
  • URL

かよ☆かあちゃんさん、ステキな思い出ですねえ~~。
前編ではドキドキしましたが、後編、なんかホロリと来ちゃいましたわ。

成績を間違ってたってことは、まずない!、と私は思いますわ~~。
間違ってたとしたら、教授の手元の資料自体も間違ってると思うの。

きっとそれは、どっちになってもいいようなギリギリの成績で、
「本人が来て、きちんとした態度だったら、合格させようか。」
などと教授なりの教育的やり方だったんじゃないでしょうか・・・。
きっと、かよ☆かあちゃんさんを待ってたんですわ~~♪

厳しさと愛情のミックスした、ステキな世界ですね♡
じ~~~~~~ん。

  • 2014/12/05 (Fri) 18:55
  • こぶりんぼ #MyJ0QW/M
  • URL
Re: yuyuさん

偶然~。私も国文科でした~。東京の短大ですか?
私、英語も嫌いじゃなかったんですけど、あまり興味がありませんでした。国語の方が好きだったんです。とにかく読書が好きで。
日本語禁止のスクールってどうですか?ヒアリングが上達しそうですね。英語(というか言語)って、やっぱり慣れだと思います。チャレンジ精神、応援します!

  • 2014/12/05 (Fri) 21:25
  • かよ☆かあちゃん #-
  • URL
Re: こぶりんぼさん

あちゃー。学校の先生がそう仰るんですもの、やっぱり成績の間違いではないようですね~。
今思い出しても、教授のお言葉が棒読みだったし。
成績の変更も、学部長やら学生課などの許可を得たりとか、色々やって頂いたんだと思います。
若かったから、そんなこと思いつきもしなかったけど!
青春(笑)の苦くてステキな思い出です~。

  • 2014/12/05 (Fri) 21:43
  • かよ☆かあちゃん #-
  • URL

かよかあちゃんさんへ、

卒業旅行素敵ですね~♪
マレーシアからシンガポールって電車で行けるんですか?すごい!!

私の学生時代のどきどきと言えば、試験前に、計算機についていたミニゲームがやめられなくて、(お兄ちゃんのおふる)、最高得点をとってやる!!と意気込んで夜中の2時までゲームをしてしまい 単位を落としたことです。。。

同じころに授業を受けていた同級生はほとんど(150人ぐらい)単位をとって、私と同じように単位を落とした輩が4人しょぼ=ん、って後期授業に出席していました。(単位を落とした者だけ、後期には出なくちゃいけなかったのです。) (残りは全員バイトしすぎっていう見た目の男子)

ゲームをやっているときはドキドキ♡。 単位落とした時はどよよ~ん。
後期授業を受けているときは、「ちぇっ!」ってなものでした。

その後、忘れたころに、おにいちゃんに、
「お!誰か24000ポイントもこのゲームで得点してやがる!」というお褒めの言葉をもらったのが、単位を落としてまで頑張った私への慰めでした。 懐かしいおもひでです。(笑)

  • 2014/12/06 (Sat) 02:37
  • けろちゃん #-
  • URL
Re: けろちゃんさん

もう30年近くも前のことですが、電車で移動しました。確か夜行だったような。。。
懐かしい思い出です。

いやー、学生時代にゲーマーだったんですねー!(笑)
しかし、計算機にミニゲームがあったとは知りませんでした。もしかして理系女子?
私もゲーム大好きで、一度はまるとかなーりはまりまくります。
今は、小学生でも遊べるぷよクエにはまっていて、毎日寝る前の日課になってます。
もう何ヶ月続いているかなあ。これはストレスがたまるどころか、解消してくれるので
スカーッと眠れます(笑)

  • 2014/12/07 (Sun) 00:24
  • かよ☆かあちゃん #-
  • URL

Post a comment


Only the blog author may view the comment.