バイト先で逮捕されたのは。。。

私の職場で私のバイトのことを知っているひとは

あまりいないのだけれど

そのうちの1人は、彼のお義姉さんが同じデパートでバイトしているので

彼女を通して知っている。

バイトのことは特に秘密にしているわけではなく

ただ自分から言う必要性を感じないだけ。

They really don't need to know.

知っている仲の良い同僚達も人に言いまわるタイプではないし。

私の勤める会社は大きいし、デパートは同じ市内にあるので

すぐバレそうなものだけどね(だから、バレてもいいんだって 笑)。

ほんのたまにしか知り合いの社員を見かけない。

うちのデパートは不人気なのか?



とにかく。

その彼ととキッチンで出くわした時に

ねえ、かよのバイト先のデパートで店員が逮捕されたんだってね

と聞かれた。

え?!逮捕?

何それ、知らない。

というと、先週の新聞(ローカルのです)に出てたよ、と言う。

へー、と思い、席に戻ると、すぐに新聞のネット版でチェック。

すると、本当に載っていた(別に疑ってないけど)。



ほお、と読んでみると、2人の店員が逮捕されたそうだが

名前もばっちり載っていて

その2人とも私と同じ売り場の短期バイトの子達だった!

つい最近、10人ちょっといた短期バイトの中で

2人だけが続けてバイトで残ることになり

他の短期バイトは契約打ち切りになった。

その2人も打ち切りということで、見かけないのかと思っていたら!

知らなかったわー。誰もそんなこと話してなかったし。



その子達、という呼び方をしたのは

逮捕されたのは、17歳と18歳の女の子達だったから。

彼女達はあまりやる気のない店員で

いつもレジの後ろでボーっとしているタイプだった。

全く、この忙しいのに、と舌打ちしたいような事が何回もあった。

でも、逮捕されるようなことをするなんて。



彼女達がやったのは、いわゆる Identity Theft。

お客さんのクレジットカード情報を手に入れて

そのカードで自分達の買い物をしていたらしい。

使った額は500ドルにも満たないということだが

詐欺・個人情報泥棒・窃盗ということで重罪とみなされ

罰金最大10,000ドル(100万円)か6ヵ月の刑務所行き。

もしかしたら両方の場合もだって。

全く、バレないとでも思ったのかしら。

セキュリティカメラで見ることのできない場所は

店内でもほんの数箇所しかない(どこかは、ひ・み・つ)のに。



去年もやはり短期のバイトの男の子が

同じようなことで逮捕されてたっけ。

リテールのバイトは、バックグラウンド・チェックもしないし

ドラッグ・テストもしないし、雇ってみて、失敗した!

ってことが多いのじゃないかと思う。

なので、店員にもそういう犯罪を防いでもらおうと

店側がしている対策は

同僚が盗みなどを働いているようだと思ったら、セキュリティに報告を促し

それが確認されると、100ドルだかの報酬金が出るというもの。

確か、ラルフ・ローレンやら高いブランドの場合は500ドルだったような。

今回は、セキュリティが気付いた、と新聞には書いてあった。



魔が差したのか、誘惑に勝てなかったのか。

まだ高校生の彼女達。

誰かに気付かれるとか

よもや、逮捕されるだなんて思ってもいなかったんだろう。

周りはアホばっかりでもないって、わかったかしらね。

世間をナメたら、あかんよ。

バイトに応募したくらいだから、自分で働いてお金稼ごうと

思ったんだろうに。

反省して、善悪のわかる大人になって欲しいもんだ。



読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
Related Entries

Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.