ああ、憧れのハイヒール ちょっとイタい話

今までも時々ブログに書いているけど、

私は乾癬性関節炎(関節症性乾癬ともいうらしい)持ち。

ちなみに英語では、PSORIATIC ARTHRITISという。

もともと尋常性乾癬を若い頃に発症し、近年、この関節炎を発症。

日本では、あまり見られない病気のようで、

患者の割合は、10万人に1人位らしい。

これは、リウマチに似た病気で、

自己の免疫系が自分自身を攻撃する自己免疫疾患。

名前の通り、関節に炎症が起き、放っておくと

骨の破壊もありえる。

実際、顎関節症になった際、炎症がひどく、

あごの付け根辺りの軟骨が溶け(?)てしまった。

その当時は炎症がひどく、ベッドから起き上がるのも一苦労で、

端まで転がって、足をまず床におろして、

スローモーでよいしょっと、という感じだった。

こう書いてみると、おお、こわ、である。

これは完治を望めない病気であるが、寛解は可能。

現在、私はそれに近い状態にある。ああ、うれしや。

これは、免疫を抑制する薬や、サプリなどのおかげ。

でも!

やっぱり、色々我慢しなければならないことも多い。

例えば、ハイヒールを履くこと!(何かと思えば...ですね)

何故かというと、ヒールを履くと、

足の指の付け根が炎症を起こしてしまうから。

これは、本当に悲しい。

私が毎日履いている靴は、足に優しい靴。

カスタムメイドの中敷が入っている。

3年前に日本へ帰国した際に、祖母に二足買ってもらって

大事に大事に履いている。
Finn.jpg
          こんな感じの靴を履いてます。

これを履くようなってからは、足の痛みがほとんど

なくなった。本当に優れ靴。

でも、でも!

たまには、おしゃれなヒールを履きたーい!

洋服って靴によって印象が変わるし、

ヒールを履くと足だって細くみえる。

こういうのを英語で、SUPERFICIALという。すみません。

日本語では、みかけを気にするって意味かな。

SUPERFICIALって、わかってるけど、靴箱に(未練がましく)しまってある

ヒールのある靴をみると、ため息が…。

もし、いつか、本当に寛解したら、

最低でも3インチのヒールで街を闊歩してやるー!

という野望
(なにそれ?)があるかあちゃんです。

manolo.jpg
              夢のヒール

クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
Related Entries

Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.