横に動く

今日はGood Fridayで会社は休み。

ひっさしぶりにお昼過ぎまで寝た。

ああ至福の時間。

ランチを食べた後、また横になってウトウト。

フルチャージした後はバイトへ行き

帰ってきてからちょっとゲームをして、今これを書いている。



昨日、木曜日のこと。

上司がちょっと僕のオフィスに来てくれる?

とインスタントメッセージを送ってきたので

Sure と返し、オフィスへ向った。

入ると、ドアを閉めて、というので

むむ、何の用だ?と思わずいぶかる私。

すると、思いがけないことを聞かれた。

「ジョディの元のポジションに何で応募してないの?」



ジョディは旦那さんも同じ会社に勤めていて

長い間単身赴任で、ずっと離れて暮らしていた。

この度、旦那さんが働いている地に一緒に暮らすために引越しとなり

彼女は仕事を辞めた。

彼女は同じ部署でも、違う課に属していて

私とは同じグレード・レベルの職務。

昇進にはならないし、今のグループは

新しいマネジメントのもとで、色々変動があって

バタバタ落ち着かないので、社内の転職はあまり考えていなかった。



そう伝えると、確かに昇進にはならないけれど

もし、会計の仕事に戻ってきたければ

これがいい足がかりになると思うけど、と言われた。

確かに、今の仕事はファイナンスではあるけれど会計の仕事ではない。

私が一番したい仕事はコスト・アカウンティング(原価会計)なので

今のポジションからよりは、ジョディのポジションからの方が

動き易い。

うーーーーむ。



(ちょっと脱線。

この同じレベルの異動は、英語ではLateral Moveというのだけれど

日本語では何と言うかわからなかったので

ネットの辞書で調べたら、『横の転勤』か~ なるほど。

確かに横へ動くよね。

と思っていたら、『側面への動き』とか『左遷 』もあった!

側面への動きって何?

それに、さ、左遷?!そうなの?左遷だとDemotionじゃないの?

よくわからんw)



おまけに、上司が私達のプロジェクト・リーダーにおいた女性は

とにかく自信家で感情的で、すべて顔に出るタイプなのでやりにくい。

以前一緒に働いていたときも、仕事に行き詰ると

泣き出したりして、周りの男性達になだめられたりしていたし。

まあ、若いけどね。

それに、まだ業務を把握していないのに

プロジェクトを次から次へと初めたのはいいが

何一つ完遂していない。

そんな彼女から離れたいのはヤマヤマだし

これはそのチャンスかも。

うーーーむ。



と、考えていたら

あ、これはオファーじゃなくて、ちょっと聞いただけだから。

と、言うではないか。ずるっ。

別に私が適任だから聞いたとかじゃないの?

その気にさせといて、インタビュー受けたあげく

「この度は残念でした。他の人に決まったよ~」

って言われたりする可能性も低くはないなわけ?

ふーーーむ。



とりあえず、社内公募の内容をチェックして考えてみます

と言って彼のオフィスを後にしたけれど、どうしよ?

まだチェックもしてないけれど(笑)

この週末中に考えてみるかな~。



明日はカレッジバスケットのウィスコンシン対ケンタッキーの試合がある。

あるのに、バイトがはいってる

多分バイト先では、携帯で試合の経過をチェックする人

多いんじゃないかな?

って、それは私のことざんす(笑)

では、また~




P.S. そうそう、バスルームの壊れた蛇口は

旦那が早速部品を買って来て直りました!ほーーーー

読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
Related Entries

Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.