『走る→隠れる→戦う』 2

気の滅入る話題なので、書くのをやめようかな

と思ったのですが昨日の続き

一応、習ったことを書き留めておきます。



もし、オフィスや公共の場で銃撃事件に巻き込まれたら。。。


走る(逃げる) 

①逃げ道・逃げる方法を考える

②手ぶらで逃げる

③両手を見えるようにする(何も持ってないことを警察に見せる)


隠れる

①ガン・マン(銃を持った人)の視界に入らない位置に隠れる

②隠れた場所への入り口を防ぐ・ドアに鍵をかける

 (ガン・マンは余裕がないので、面倒なことに時間をかけないため

  ドアをテーブル等重い物でバリケードすることも良し)

③携帯をサイレントにする(バイブレーションも切る)


戦う

①これは命が危険にさらされたときの最終手段

②ガン・マンを行動不能にする試みをする

③物理的攻撃をかけたり、物を投げつける

(ガン・マンを倒すためではなく、攻撃を一瞬不可能にさせ

 逃げる時間を稼ぐため)



警察が到着したら

①落ち着いて指示に従う

②空の両手を上に挙げ、指を広げる

③手は常に見える位置に出しておく

④急な動きをしない

⑤指差したり叫んだりしない

⑥警察官を引き止めて助けを求めない



Active Shootingというのは

犠牲者はランダムで、予想できない事態で急展開し

警察が銃撃を止めることを要求される。

以前の警察のプロトコルは、ローカルの警察官は突入せず

訓練された狙撃班の到着、作戦を待つ、というものだったが

突入までの時間が長ければ長いほど、犠牲者が増えてしまった

コロンバインのような惨劇を防ぐということが

Active Shootingが導入された経緯だとのこと。

つまり、銃撃事件が起きたら、駆けつけた警察官が即突入し

ガンマンを止めるというのが、その現在のプロトコル。



つまり、人々が逃げている最中にも警察は突入するだろうし

警察がガン・マンを撃つことで、事態を収拾するということ。

なので、警官に犯人と見なされ、撃たれたりしないためにも

手を空にし、常に見えるようにしたり

突然動いたりすることを避けなければならない。



こういった事件に巻き込まれることは万に一かも知れないし

あってはいけないことだけれど

やはり知識を持つに越したことはない。

昨日も書いたけれど、何かとてもリアルなことに感じて

ちょっと怖くなってしまったけれどね。



こちらに、FBIのサイトに載っている

Active Shootingが起こったときにどうサバイブするかの

ビデオを貼っておきます。

明日は楽しい話題を心がけます。





読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
Related Entries

Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.