毎日がジーンズ・デー?

私が勤める会社のドレスコードはビジネス・カジュアル。

多分、アメリカではこれが主流だと思う。

簡単に例を挙げると

男性の場合、ネクタイや背広は不要。

シャツ(ポロシャツ可)にドレス・パンツかカーキ・パンツ

そしてドレス・シューズ。

女性の場合、トップにドレス・パンツかスカート。

やはりドレス・シューズまたはサンダル。

うちの会社で見かけるのはこんなの↓が多い。










禁止されているのは

T-シャツやスニーカー、ビーサンに肌の露出の多い服等。

でも、結構いるのよ、これを守らない人たち。

↓こういうの履いている人たち結構いる。



これはビーサンに毛が生えたようなものだけどね~

胸の谷間が見える服を着ている人も時々見かけるし。



で、金曜日はジーンズ・デーだし、ファンドレイザー等で

寄付するとジーンズを履いてもいい週があったりするのだけれど

最近、何でもない日でもジーンズを履いている人を見かけるので

何だろうと思っていた。

すると、隣の事業部がいつでもジーンズOKになったらしい。

そうしたら、もちろん、私の所属する事業部でも

右にならえの声がかなり挙がっている。

私は別にどっちでもいいな~

ジーンズは2本しかもってないしww

デパートでバイトがある日は、職場から直行することが多いので

ジーンズは履けないし。



まあ、賛成の声が大多数だけれど、中には絶対反対の人たちもいる。

隣のデスクの同僚は、スーツにネクタイの復活を願っていて

これ以上カジュアルになるのは耐えられない!と言っていたw

確かにジーンズの日にはスニーカー履いてる人も多く見かけるし

どうなるのかしらね。



とりあえず、私の事業部のトップは、隣の事業部、そして人事を交えて

ビル全体で共通の規定を作るべきだ、ということで

協議しているみたい。

夏の間だけ、ジーンズOKにしたら?という提案も挙がっているよう。

でも、いつでもジーンズOKにしてしまうと

ファンドレイザーでの寄付金が集まらなくなってしまうんじゃないかしら。

さっきも書いたように、私はどっちでもOKだけど

この成り行きが楽しみ。

どうなることやら。





読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
Related Entries

Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.