「日本在住の娘の引渡しを要求するアメリカ人男性」のニュース

「連れ去られた娘、引き渡して」 米国人男性、異例の申し立て 

日本人母は死去、祖母が後見人


という記事を読んだ。

日本国内でアメリカ人男性と結婚していた日本人女性が

子供を連れて実家へ帰り、その後離婚が成立、養育権を得る。

しかし、離婚の翌年、女性は自殺、その後、その女性の母(子供の祖母)が

後見人として子供を育てているという。



離婚が成立したのは2006年で

男性は、子供とは2004年と2009年に裁判所を通して会っただけだという。

「男性は米国でも娘の養育権などを求めて提訴したが

「米国に司法権がない」として認められなかった」ということだが

「唯一の親が知らない間に、祖母が娘の後見人となった決定は無効」

として、娘の養育権と身柄の引き渡しを求める審判を求めているという。



このケースは、ハーグ条約の発効以前に日本で離婚が成立しているので

「国境を越えた連れ去り」の対象にならないが

男性は、アメリカでは「生きている親に絶対的な親権がある」と主張。

男性は子供を誘拐された親を支援する非営利団体を設立しており

国を通して圧力をかける、とインタビューに答えている。



何故、この男性は今になって審判を求める動きをしたのだろうか。

元の妻が離婚の翌年に自殺したという事実を

最近まで知らされなかったのだろうか。

それとも、昨年のハーグ条約の発令で

国境を越えた「誘拐」への世間の関心が高まっている今だから

訴えようと思ったのだろうか。



確かにアメリカでは、離婚しても両方が親権を持つことが多いし

片方が親権を取っても、もう片方へ、子供に会う権利は

よっぽどの理由がない限り与えられるので

この男性のフラストレーションの大きさは想像に難くない。

これは、アメリカ生活が長く、こちらで離婚を経験している私も

子供の人生には両親が関わるべきだと思っている。



ただ、この場合、どうしたらハッピーエンドにできるんだろう。

記事には子供の年齢が書いていないので、今何歳か分からないが

小学生高学年以上には違いない。

今まで日本でずっと育って来たのなら、日本語が母国語だろう。

そして、2回しか会ったことのない父親と暮らすために

(そのことを覚えているかわからないけれど)

今まで育ててくれた祖母を置いて、アメリカへ行こうと思えるんだろうか。



この男性の心境もわかるけれど、私だったら

まず、とりあえず、子供との面会をリクエスト

そして関係を築くことに心を砕き

この子供がどうしたら一番幸せになれるかを

祖母と一緒に考えると思う。

一緒に住むかどうかは、親子関係が築かれてから。

実際、2人の間には距離があり、頻繁に会うことは難しいし

他人事だから、きれい事が言えるのかもしれないけれど。



このケース、どんな結末になるか、注目している。




読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
Related Entries

Comments

難しいケースですね。

それでも、結婚も、離婚も日本国内なので、住居権のある日本での司法権が発動されるわけで、どうでしょうね。

養育費をきっちり彼が払っていたか?
それとも音沙汰なかったのか?

私もかよさんと同感です。うちの彼氏の息子ちゃんもちょっと同じような立場で家にきましたけどねぇ・・・。多感なころだからそんなイキナリ親父がやってきてアメリカに帰せといわれてもねぇ・・・。
子供のためになる判決がでてほしいです。

  • 2015/06/02 (Tue) 12:36
  • MISSY #cbgCrZu6
  • URL
Re: Missyさん

ああ、そうか、息子ちゃんも似たような状況なんでしたね・・・。

この父親はインタビューに答えて、アメリカの「国務省は「甚だしい誘拐事案」とみている」とか発言していて
かなり攻めにまわってるみたい。
でも、今日産経ニュースにこういう記事が載っていたので、貼っておきますね。

「米国人男性が日本人の元妻に娘を連れ去られたなどとして養育権と身柄の引き渡しを東京家裁に求めている問題で、上川陽子法相は2日の閣議後会見で、養育権者の決定について「子供の利益を最優先に考えるべきだ」と述べた。

 上川法相は「両親が別居や離婚をしても、子供にとって親は唯一無二の存在。子供が犠牲になってはならない」との認識を示した。その上で「それまで子を監護してきたのは誰かという点のみが重視されるわけではない」と話し、子供への愛情や面会交流の取り組み姿勢、子供の年齢や意向などを総合的に勘案して決める必要性を指摘した。」

  • 2015/06/03 (Wed) 23:15
  • かよ☆かあちゃん #-
  • URL

Post a comment


Only the blog author may view the comment.