料理嫌い

ブログを書くようになって、色々な方のブログを読むようになった。

作ったお料理の写真を載せているかたも多々いらっしゃる。

どれも、盛り付けもきれいでおいしそう!

そういうのを見るたびに、

ああ、こういうお嫁さんが欲しーい!

と思ってしまう(別にそういう嗜好ではないですが)。

だって、仕事を終えて帰ってみると、

ものすごく、おいしそうな料理がほかほかと

テーブルにのってたら、

仕事の疲れとかぶっ飛ぶと思いません?


さて、ブログのタイトル通り、私は料理が嫌い。

というか、料理自体は嫌いじゃないし、食べることはもっと好き。

ただ、私の旦那と息子の食べたいものと

私と娘の食べたいものの共通項が少なくて、

何を作ったらいいのか悩んでイライラする毎日なのだ。

東京で独身をしていた頃は本当に凝ったものを作っていた。

料理の本をめくり、うまそうというものを

片っ端から作った。

仕事帰りに買い物して、料理して、

だったので、食べるのが9時過ぎということも

よくあった。

今は、仕事を終えてからお腹のすいた家族(特に息子)

が待っているので、時間がかからなくて作れるもので、

ミート&ポテト大好き旦那の食べれるもので、

尚且つ、私も食べたいもの、

と考えると頭が痛くなってくる。

同僚に夕飯は何を作るの?とか

はたまた、友達に今日のご飯、なあにとか

アイデアを聞くこともしばし。

washoku.jpg
これは民食の朝ごはんだけど、こういうの毎日たべたい!

時間と予算が許せば、毎回2種類のものを作りたい。

毎回、妥協の一品を作ることになるので、

もう、料理なんていや!

という状態になっている。

もう、これは宝くじに当たって、

専用シェフを持つしかない!

という夢多きかあちゃんでした(あほ)。



クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ

Related Entries

Comments

No title

こんにちは
日本でもアメリカでも働くおかあさんが、食事を作るのって大変だと思います。
私なんて・・・専業主婦だけど料理は好きではないし・・
まあ、仕方なく30年作ってきた感じ(汗)

さて、アメリカで働いている次女ですが、全く料理をしていません。
何を食べているかと言うと、子供が生まれる前は、持ち帰りの料理(レストランの)、
子供が産まれて、私が帰ってからは、惣菜(ホールフーズとかの)を4日分買い貯めて、食べているんです。
子供がまだミルクなので、できるのですが・・・今後どうなるのか~って心配しております。

アメリカ人の次女夫に「家では毎日何を食べていたの?」って聞いても・・・
はっきりした答えがなく・・アメリカ人が家庭で何を食べているのかも判明していない状態なんですよ(笑)
日本だと、ちょっと手を加えると本格的になる惣菜系のものなど豊富なんですが・・・
アメリカではどうなんでしょうかね~

かよ☆かあちゃん家の夕食とか、ブログで紹介していただけると
参考にできるのでは!と、思っていますが・・・いかがですか?・・。。
無理ですかね(笑)

因みに・・・私のブログにも私の料理は一度も登場したことがありません。(笑)

  • 2013/06/02 (Sun) 22:03
  • ライリ #SWpj80tQ
  • URL
Re: ライリさん

日本のデパ地下が恋しいです。ローカルなスーパーでもいい!お惣菜いいなあ。ちょっと一品加えたり・・・。
娘さん、小さいお子さんがいて、フルタイムで働いていらっしゃるんですよね。大変ですもんね。私もホールフーズが近くにあればなあ、と思います。トレーダージョーもないし。
うちの夕食ですか。はあ。まあ、のせれば、「ああ、うちの方が全然まし!」と思われる方がたくさんいらっしゃることでしょう・・・。

  • 2013/06/03 (Mon) 20:38
  • かよ☆かあちゃん #-
  • URL
No title

かあちゃんのご家族は好き嫌いが多いから
かなりの母ちゃん泣かせですね!
んー、皆の好みを聞いてると難しいね。頑張れ~

  • 2013/06/09 (Sun) 20:50
  • のりP #-
  • URL
Re: のりPさん

私の教育がまずかった。
最初から、聞く耳もたず、否応なく食べさせていれば・・・。
でも、娘も小さい頃は好き嫌い多かったけど、
今は、結構何でも食べるから、息子はまだ希望あり!

> かあちゃんのご家族は好き嫌いが多いから
> かなりの母ちゃん泣かせですね!
> んー、皆の好みを聞いてると難しいね。頑張れ~

  • 2013/06/09 (Sun) 21:10
  • かよ☆かあちゃん #-
  • URL

Post a comment


Only the blog author may view the comment.