出さなかったカード

夕食後にベッドで寝そべってゲームをしていたら

父親と出かけていた娘が帰ってきて

ベッドルームのドアを開けて突っ立っているので

何よ?と声をかけたら

彼女の祖母(私の元義母)が今日亡くなったと言う。

びっくりして言葉の出ない私に

父親(私の元旦那)とKマートで買い物していたら

彼の携帯が鳴り、警察官からそのニュースを聞いたと言う。



お義母さんは、夫を亡くしたあと、再婚し

その再婚相手と、私の住む町から4時間ほど離れた町に住んでいたのだが

今日の午後、昼寝をする、と言って横になり

そのまま目を覚まさなかったという。

再婚相手はショックで彼女の子供達に連絡もできず

救急車を呼んだときに来た警官が代わりに電話をしてくれたとのこと。



彼女は若い頃に猩紅熱、そしてリューマチ熱にかかり

心臓弁膜症を患ってしまい、今まで何回も

心臓手術を受けてきた。

娘によると、一番最近に受けた手術の予後が余り良くなく

今回のニュースはサプライズではなかったと言っていた。



それを聞いても、まだ言葉の出ない私。

彼女夫婦には、元旦那との離婚前後、本当によくしてもらい

彼らの助けなしには、今の私はない、と言っても過言ではない。

大学に通う間、彼らの家の2階のアパートを貸してもらい

本当の家族のように接してくれた。

それなのに、私が再婚してから疎遠になってしまった。

今の旦那と彼女の折り合いはあまり良くなかったし

私が旦那に気を遣ったから。

最後に会ったのは、かれこれ4、5年前になる。



実は、最近の手術の後、容態が悪くなり

入院が長引いたことは聞いていて

お見舞いのカードを出そうと思っていた。

そして、今まであまり連絡をしなかったことを

詫びようとも思っていた。

(もちろん、娘は父親と共に会ったりはしていた)

でも、その後、無事に退院したらしい、と聞き

私も、色々忙しい日常を送っているうちに

すっかりカードを送ることを忘れてしまった。



もし、出していたら、彼女から電話が来て

最後に声を聞くことが出来たかも知れない。

もう、声を聞くことはかなわないんだ。

私はなんてバカなんだろう。

ラストチャンスだったのに。

そんなことを思いながら、元旦那に、お悔やみのテキストを打ったら

You know, she's always loved you.

と返って来た。

もう涙が止まらなかった。

I loved you too.






読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
Related Entries

Comments

すばらしいお義母さまだったのですね。

カードを出せなくて悔やまれるでしょうが、彼女はきっと貴女の気持ちをわかっておられたと思います。

お孫さんと交流させてあげられて、本当に良かったと思いますよ。

お義母さまのご冥福を心からお祈りいたします。

  • 2015/07/18 (Sat) 02:39
  • yuyu #-
  • URL
大丈夫ですか?

腰の具合はいかがですか?私の夫も腰を2年前に悪くして、カイロに行っても治らず、やっと病院から注射を打ってもらって楽になりましたが、腰の痛みって本当に辛いですよね。
私は子宮筋腫の手術を数年前にしてからは腰の痛みが無くなりましたが、それまでは、生理の度に辛かったですね。
かよさんは、ほんとうに努力家です。本業の他にアルバイトをし、家事もしているのですから。やらなきゃいけない事が沢山あるから、元義母さんに手が回らなかったんですよね。
この度は、娘さんのお祖母様の冥福をお祈り致します。

  • 2015/07/18 (Sat) 05:24
  • Mayaママ #3/2tU3w2
  • URL
その気持ちよーく分かります

元義母様のご冥福をお祈りします。

かよさんのお気持ちよーく分かります。 私も元義母のいる立場です。 元義母と長い付き合い、色々有っても子供達にとっては、大切なおばあちゃん。 可愛がってくれるので、やはり、私も可愛がってくれます。 今でも。 かよさんのブログを読んで、改めて、元義母の事を想いました。

かよさん、元義母様も分かっていますよ。

  • 2015/07/18 (Sat) 08:38
  • Kiko #-
  • URL

かよ☆かあちゃんの記事に泣いてしまいました。
普通の生活のなかで疎遠になるきっかけってそんなにドラマティックなものではなくて,日々の多忙だとかちょっとした環境の変化だったりして,疎遠になった事実自体気付きづらいですよね。
人との距離ってそういうふうに流動するものですが人への愛は案外普遍で,かよ☆かあちゃんの元旦那様が仰るとおり,元義母様はかよ☆かあちゃんさんをずうっと愛してらっしゃったと思います。
とても朝から考えるところがありました。どうか気を落とさないでくださいね。

  • 2015/07/18 (Sat) 09:13
  • かにこ #RFhyvGRo
  • URL

私も、元お義母さんには 娘さんを通して かよかあちゃんさんの気持ちはちゃんと伝わっていたと思いますよ。

歳をとるといろんな出会いや別れがあると思いますが、きっとかよかあちゃんさんとの出会いは元お義母さんにとってもずっと大切なものだったんですね。

元お義母さまのご冥福をお祈りいたします。

  • 2015/07/19 (Sun) 20:10
  • けろちゃん #-
  • URL
Re: yuyuさん

yuyuさん、お久しぶりです。そして暖かい言葉をありがとう。
きちんと恩返しをしていないな、という気持ちでいっぱいです。
言わなくても伝わる気持ちってあるのかしらね。

  • 2015/07/19 (Sun) 22:25
  • かよ☆かあちゃん #-
  • URL
Re: Mayaママさん

お久しぶりです。お元気ですか?
ご主人、カイロに行っても腰治らなかったんですか?私もそうだったらどうしよう。なんか、心配になってきた。
私も子宮筋腫で子宮を取る手術をして以来、生理による腹痛や腰痛から解放されたんですが、今回は
骨盤が思い切りずれてしまったようです(汗)かなり良くなったんですが、長い間立ったり歩いたりするとやはり痛いです!
お悔やみの言葉、ありがとうございました。

  • 2015/07/19 (Sun) 22:32
  • かよ☆かあちゃん #-
  • URL
Re: kikoさん

Kikoさん、ありがとう。
離婚の前後、本当に良くしてもらったんです。自分の息子を不幸せにした嫁なのに(笑)
私も彼女も再婚して、人生レールが離れて行ったのは確かなんですが、もっと感謝の気持ちを形に表すべきだったのにな、といまさらですが悔やんでます。
Kikoさんも、優しい元義母さんがいらっしゃるんですね。大切になさってくださいね!

  • 2015/07/19 (Sun) 22:37
  • かよ☆かあちゃん #-
  • URL
Re: かにこさん

確かに、ほんの少しずつの変化でも、はっと振り返ってみると、それが大きなものになっていた、と気付くことってありますよね。そして、人の愛は案外普遍だ、というかにこさんの言葉に救われました。それをもっと言葉や形で表現していなかった自分が情けないですけれど。人生には後回しにしてはいけない大切なことがあるって、改めて思いました。

  • 2015/07/19 (Sun) 22:53
  • かよ☆かあちゃん #-
  • URL
Re: けろちゃんさん

元義母は私を本当の娘のように可愛がってくれていたと思いまし、本当に感謝しています。
彼女の死は私にとっては突然だったし、「いつか」また距離を縮めることができると思っていたので、かなりショックでした。
優しいお言葉ありがとう!

  • 2015/07/19 (Sun) 22:57
  • かよ☆かあちゃん #-
  • URL
ご冥福をおいのりします

元義母様のご冥福をお祈りします。
離婚して疎遠になってしまうのわかります。(うちも結構ありますから。)
離れていもずっと気を使ってくれてたのが伝わってきますね。

元気だしてね!

  • 2015/07/21 (Tue) 20:01
  • MISSY #cbgCrZu6
  • URL
Re: MISSYさん

5年近く一緒に(2世帯住宅ですが)暮らしていて
その間は、かなりCloseだったので・・・。
Missyさん、ありがとね。

  • 2015/07/21 (Tue) 23:43
  • かよ☆かあちゃん #-
  • URL

お久しぶりです。
元義母様のご冥福をお祈り申し上げます。
かよ☆かあちゃんさんと元義母さんとは疎遠になってしまっていたとしても、自分の孫に当たる可愛い女の子を産んで立派に育ててくれた、かよ☆かあちゃんさんと元義母さんとは、ずっと繋がっていると思います。お嬢さんと、かよ☆かあちゃんさんご一家がいつまでも幸せに暮らして行く事が、何よりの供養だと思います。元気出してね。

  • 2015/07/22 (Wed) 08:35
  • tootan #bl/7Lt5M
  • URL
Re: tootanさん

お久しぶりです。暖かいコメントありがとう。
そうね、彼女も色々わかってくれていたと思う。
金曜日には彼女の埋葬があるので、参列する予定です。久しぶりの再会がこんな形なのはやっぱり悲しい。

  • 2015/07/22 (Wed) 23:31
  • かよ☆かあちゃん #-
  • URL

Post a comment


Only the blog author may view the comment.