追悼式

先週亡くなった元義母の追悼式が

彼女が生前住んでいた町の教会で水曜日に行われた後

彼女の出身地であり、その後50年以上過ごしたこの町でも

木曜日に追悼式が行われた。

場所は、市内の市営墓地にある小さなチャペル。

埋葬された別の市営墓地とは、車で3分ほどのところ。

彼女がこの町を離れたのは、10年以上も前ということもあり

親族と親しい友人20人ほどが参加した

こじんまりとした追悼式だった。



アメリカでは誰かが亡くなると

Obituary(死亡告知記事)といって、亡くなった方の経歴や

お葬式の日程等をローカルな新聞に載せる。

元義母の記事を追悼式の前日にオンラインで読んだのだが

私、○○は、19XX年XX年XXに、△△で生まれ・・・と始まり

一人称で綴られていたので少し驚いた。

後で聞いたのだが、彼女は、自分が亡くなった時のために

遺言、遺品整理等、色々準備をしていたらしく

このObituaryも自分が書いたということだった。

(もちろん、追悼式の日時は彼女の娘が付け足した)



墓所での埋葬の後は、市内のレストランでランチがあった。

アメリカでも、日本と同じようにお葬式の後に参加した近親者に

食事が振舞われることが多い。

私は、「元」家族なので、ちょっと気まずいかな、と思い

ランチには行かず、仕事へ戻るつもりだった。

でも、元旦那とその妹に、是非、と誘われ参加することにした。



おいしい食事をしながら、みんなと元義母の思い出話をしたり

会っていなかった間のことや、近況の報告をしあったり

思いがけず素敵な時間を過ごすことができた。

元義母からのプレゼントだったのかな。

元旦那との結婚はうまく行かず

私が再婚して疎遠になってしまったが

彼とその家族ともわだかまりなく会話ができるというのは

娘のためにも幸運なことだと思う。



とても敬けんなクリスチャンだった元義母。

追悼式で牧師が言っていたように

今は、イエス様のもとで、幸せでいるんだろうか。

そう考えると、少しだけ悲しみが薄れるような気がする。

でも、やっぱり、もう一度会いたかったな。





読んでくださってありがとう。ぽちっとよろしく。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
Related Entries

Comments

Obituaryを自分でお書きになった、元義母さまが素敵です。 家族のメンバーに書いてもらうより、自分の事は、自分で片付けるって感じが強さを感じさせます。 かよさん、ランチに行って正解でしたよ。 やはり、かよさんの人柄の良さがここでも伺えます。 

娘さんの事を思えばこそ、元家族と上手く行く事って大切だと思います。 私も同じ。 元主人と別れてもきちんと話の出来る仲だし、元主人の家族とも20数年の付き合いがあったわけですから、いまさら、縁を切れるわけが無い。 子供たちの為にも仲良くしてます。 

元義母さまは、イエス様の所から、かよさんや娘さんのことを見守ってくれてますよ!!! 

  • 2015/07/26 (Sun) 18:15
  • Kiko #-
  • URL
Re: kikoさん

元旦那とは離婚のときも、離婚成立後も一回ももめたことがなくて、ラッキーだと思ってます。
私達の離婚の手続きは、養育権のことも含めて、私の弁護士に彼のキャリアの中で一番簡単だったと言われましたw
元旦那も私も、あまり主張が強い方ではないからかな。2人とも娘のことが一番だったし。

元義母には、私はともかく娘のことをずっと見守っていて欲しいなと思います。

  • 2015/07/26 (Sun) 23:29
  • かよ☆かあちゃん #-
  • URL

こんにちは、ひょんな事からこちらを読ませて頂きました。私も国際離婚を経験し、つい最近元夫から元義母が入院し容態が悪いと聞きました。海外までお見舞いに行くべきか悩んでいます。離婚時に挨拶もしていない事や、元夫の憔悴しきった状態をほっておけない、等悶々としています。

  • 2015/08/19 (Wed) 03:32
  • dolce #-
  • URL
Re: dolceさん

読んで頂いてありがごうざいます。
dolceさんは、今日本にお住まいなのですね?元夫さんや元義母さんがどちらにお住まいなのか分かりませんが、遠く離れていると、すぐに駆けつけるのは難しいですよね。
私は元義母が亡くなる前に会えなくて後悔しましたが、お見舞いの手紙を出さなかったことをもっと後悔しています。
dolceさんも、元義母さんの容態にもよりますが、心をこめたお手紙を出したり、電話でお話し等されるだけでも、お気持ちは伝わるかもしれませんね。元義母さんが快方に向かわれますように。

  • 2015/08/19 (Wed) 23:37
  • かよ☆かあちゃん #-
  • URL

Post a comment


Only the blog author may view the comment.